Virtual 中国語講座 入門編

まずは、中国語の基本中の基本から始めていきましょう。中国語は簡単に言うと全て漢字で書かれています。なので、日本人にとっては少し他の言語を習得するよりはラクかもしれませんね。筆談であれば、中国が初めてでも何とか通じますし、標識なども何となく分かります。

難しいのは、やはり発音です。日本には無い発音が沢山あります。舌や口の動かし方も違います。私もなかなか上達しないので困っていますが、慣れるしかないでしょうね。まあ、ボビーオロゴンみたいに外国人だから許されるいい加減な発音でも恥ずかしがらずに、それを逆手にとって楽しませながら会話する事をオススメします。

中国と日本の違いについて

はじめに言葉を含めて、中国と日本の違いについて説明しておきます。私もまだよく分かっている訳ではありませんが、日本的な感覚で話しても、ニュアンスがうまく通じないことがあります。日本人的な感覚と中国人の感覚は少し違いがあるようです。とはいえ、ご近所さんですからよく似ているといえばよく似ています。

日本人は曖昧な表現が多いですね。どちらかと言うと○○とか、○○なわけではないとか、、。中国人はどちらかというとはっきりとモノを申す国民です。中国にいるとみんな喧嘩しているようにみえます。声も大きく、よく食べます。パワー全開でいってようやく彼らのレベルについていけるという感じです。

とても素直で快活、単純で分かりやすい人が多いように思います。日本人は引きこもりやニートなどと呼ばれる若者が多いですが、中国人は明朗活発な感じなので楽しいです。遠慮も少ないのはいいことですが、信号無視は当たり前、時間にルーズな人が多いので、日本人からするとちょっとマナーがなってないと感じる事もあるかもしれません。

顔や見た目は日本人そっくりですが、何となく表情が日本人よりきつく見える人が多いですね。よく言えばキリっとしているというのでしょうか?

まあ、とりあえずはこんなところで終わりにしますが、今後も中国の話しをいろいろとしていきたいと思います。さあ、お勉強を開始しましょう。

 Copyright © 2006 Virtual 中国語講座. All Rights Reserved.
利用規約|お問い合せ|広告掲載